中性脂肪を減らしてメタボ対策最新の記事

中性脂肪とは


中性脂肪・脂肪の多い食事を摂りがちな方にサントリー 黒烏龍茶 1L×12本 【特定保健用食品】...

 

中性脂肪とは、余分に摂取された炭水化物や糖分・脂肪分が体内に蓄積されてできた脂肪のことを言います。
中性脂肪は、体温を一定に保つ働きをするほか、外部からの衝撃から体内の臓器を守るクッションの役割を持ちます。
また、体を動かすエネルギー源としても働き、体に必要な栄養素ではありますが、炭水化物やアルコールの過剰な摂取により増加し、皮下脂肪として蓄積され、肥満の原因になります。
中性脂肪は体内にエネルギーを貯めておくための形態であり、皮下脂肪の大半は中性脂肪です。
中性脂肪が内臓に付着すると、様々な臓器の障害を引き起こすこともあります。中性脂肪は、食べ過ぎによる過剰な摂取による余分な糖質から肝臓で作られ、また、アルコールの摂取でも、中性脂肪の合成は促進されます。
飲酒する人は、飲む際つまみをとりますが、つまみには脂っこいものが多く、中性脂肪を蓄積するには好条件がそろっています。
よく食べ、よくお酒を飲む人は、摂取した分、消費することにも注意し、バランスよく食べ、適度な運動をするよう心がけないと、中性脂肪の一大貯蔵庫となる恐れがあります。
高齢になると中性脂肪が蓄積されやすくなるので、男性は30代、女性は40代になると、気をつけなければなりません。
中性脂肪は、一度過剰に蓄積されると、それを消費するには、かなりの労力が必要となるため、できるだけ余分には貯めこまないようにすることが望まれます。

 クレイツのアイロン  NTTフリーダイヤル  MP500のインク

中性脂肪を減らしてメタボ対策について

野菜や魚には、食物繊維やエイコサペンタエン酸と言った、中性脂肪を低下させたり、吸着して一緒に排泄する成分が含まれているものがあるので、肉類と一緒にとることでバランスよい食事になります。
カテゴリー
更新履歴
中性脂肪とは(2009年9月 6日)
中性脂肪とコレステロール(2009年9月 6日)
中性脂肪と糖尿病(2009年9月 6日)
中性脂肪の改善(2009年9月 6日)